ハイレバFXで4000万円までいくブログ

海外FX口座でハイレバトレードします。

プロトレーダーの頭の中

プロトレーダーの頭の中

プロトレーダーがトレード画面に向かっている時は、
空気を吸うようにこんなことが無意識レベルで頭の中にあります。

ひとつひとつ身につけるためにはトレーニングが必要です。


大衆心理を考える

トレーダーには、5%の勝ちトレーダーと95%の負けトレーダーがいます。

なぜこんなことになるのか。負けトレーダーというのは、トレードの世界で大衆です。

常に大衆心理は重要になります。

大衆が市場にお金を落として奪われていきます。

奪うのが勝ちトレーダーです。

場面場面での大衆トレーダー思惑を考える

こんなとき、大衆トレーダーは何を思うでしょう。

  • サポートラインを割ったとき
  • レジスタンスラインを割ったとき
  • 移動平均線を割ったとき
  • オシレーターがゴールデンクロスしたとき
  • 爆上げした時

ラインが見える

斜め線、平行線が引かずとも見える状態です。

  • サポートライン
  • レジスタンスライン
  • 斜め線
  • トレンドライン
  • 高値線、安値線
  • 為替が滞留しているライン

高値安値を把握している

重要なラインとなる高値安値を常に把握しています。

  • 前日の高値安値。
  • 直近での大枠での高値安値。
  • 今年の高値安値。

為替が滞留しているラインを把握している

過去にチャートがモジモジしたところを把握しています。

こういうところで反発したり抜けると大きい確率が高まります。

オアンダのオープンブックは有名です。

値動きの型を覚えていて使える

FXの値動きの型が使えます。

使えるということは、身にしみこんでいるということです。

チャートは結局のところ需要と供給が可視化しているものです。

需要と供給を決めるのは人間。すなわち、人間の感情が表に出ているものです。

値動きというのは、人間の感情そのものなのです。

資金管理ができている

プロトレーダーはギャンブルをしません。

ハイレバFXとかタイトルで言っておきながら何なんですが笑

ロット管理と資金管理ができています。

為替の強弱がわかっている

ドル・ユーロ・円・ポンドで今どの通貨が強いのか、もしくは弱いのかを理解しています。

オプションを見ている

オプションの状況を把握しています。

仮説検証ができている

仮説を持ってエントリーし、手仕舞い後、

自分のトレードに対して、検証ができます。


まとめ


いかがでしたか?

一度に習得するのは困難ですが、ひとつひとつトレーニングを積んで習得するとプロトレーダーの仲間入りです。

がんばっていきましょう。


にほんブログ村 為替ブログ FX ハイレバトレード派へ